小倉智昭「とくダネ」終了はリストラ…五輪はリポーターか

公開日: 更新日:

 スタッフあってこその番組という信条からの大盤振る舞いなのだろうが、かつては「バンス(前借り)の小倉」と呼ばれていた時代もあったという。29歳でフリーになったものの、最初のころは仕事がなく、給料をもらうと2日後にはスッカラカン。「税金なんか当たり前、養育費も公共料金の支払いも滞納が続いた」「電気、ガス、水道全て止まったこともあった」というのは、講演会でのお得意のネタ。持病の糖尿病もそれに続き、午前3時に起きて、5時に自宅を出るまでに血糖値の計測やインスリン注射が日課だったそうで、「友達だと思って付き合ってますよ」と前向きな発言をして観客から拍手をもらう。酒もたばこもやめてからは「ゴルフとコーヒー」が人生の楽しみと言い、中高年には多趣味な人生を勧めるという。

■「五輪を花道」はかなわず


「オリンピックにこだわりがあり、東京大会を最後に身を引くプランを練っていたそうですが延期でかなわず。『とくダネ!』は終了しますけど、報道パスをもらって、特番でリポートしたいとフジに掛け合ったともいわれています」(前出の芸能デスク)

「五輪を花道に勇退」の道はなくなったが、最高の時代にテレビマン人生を歩んだ小倉。最後はリストラ同然とはいえ、胸もお腹もいっぱいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る