二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

公開日: 更新日:

 NHKが女優の二階堂ふみ(26)の囲い込みに躍起になっているという。まだ1月だと言うのに今年の大晦日に放送される紅白歌合戦の紅組司会をオファーしたと言う話が流れているのだ。さる芸能プロ関係者はこう話す。

「二階堂人気がテレビ業界で物凄いことになっているからです。争奪戦が起こっていると言っても過言ではありません。NHKだけでなく民放局からもドラマやバラエティー、果ては音楽番組の総合司会の仕事が数多く舞い込んでいると言われています」

 人気に火が付いたきっかけは、もちろん無観客の中、生放送された昨年の第71回NHK紅白歌合戦。二階堂は紅組司会に抜擢され、圧倒的な司会力で番組史上、最も難しい放送を乗り切った。

「二階堂の素晴らしさと異能ぶりは事前の打ち合わせでも発揮されていました。NHKの紅白スタッフも事前リハや台本打ちを重ねるごとに彼女のせりふをどんどん増やしていったんです。総合司会の内村光良(56)は、彼女の記憶力とアドリブかつ完璧な回しに完全に“二階堂お任せモード”になっていました。桑子真帆アナウンサー(33)も、二階堂の能力を認め、せりふが物凄く少なくなってしまったことに文句をいうことはありませんでした。白組司会の大泉洋(47)が何かボケをかまそうと話しても二階堂が『そろそろよろしいですか?』『では参ります』などとピシャリ。終始、苦笑いでしたね」(NHK関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

  2. 2
    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

  3. 3
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  4. 4
    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

  5. 5
    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

  3. 8
    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

  4. 9
    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

  5. 10
    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗

    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗