二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

公開日: 更新日:

 NHKが女優の二階堂ふみ(26)の囲い込みに躍起になっているという。まだ1月だと言うのに今年の大晦日に放送される紅白歌合戦の紅組司会をオファーしたと言う話が流れているのだ。さる芸能プロ関係者はこう話す。

「二階堂人気がテレビ業界で物凄いことになっているからです。争奪戦が起こっていると言っても過言ではありません。NHKだけでなく民放局からもドラマやバラエティー、果ては音楽番組の総合司会の仕事が数多く舞い込んでいると言われています」

 人気に火が付いたきっかけは、もちろん無観客の中、生放送された昨年の第71回NHK紅白歌合戦。二階堂は紅組司会に抜擢され、圧倒的な司会力で番組史上、最も難しい放送を乗り切った。

「二階堂の素晴らしさと異能ぶりは事前の打ち合わせでも発揮されていました。NHKの紅白スタッフも事前リハや台本打ちを重ねるごとに彼女のせりふをどんどん増やしていったんです。総合司会の内村光良(56)は、彼女の記憶力とアドリブかつ完璧な回しに完全に“二階堂お任せモード”になっていました。桑子真帆アナウンサー(33)も、二階堂の能力を認め、せりふが物凄く少なくなってしまったことに文句をいうことはありませんでした。白組司会の大泉洋(47)が何かボケをかまそうと話しても二階堂が『そろそろよろしいですか?』『では参ります』などとピシャリ。終始、苦笑いでしたね」(NHK関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る