ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

「大物になりたいならワルになれ」を金魚に教えられた俺

公開日: 更新日:

 師匠の談志の海外出張落語会の最中に師匠宅で一人大宴会を催し、その結果、袴が畳めない大ピンチを迎えたが、弟弟子の志の輔が救世主となってくれて九死に一生を得、破門を免れた俺だったので、あの日を境にスッカリ心を入れ替え、師匠の身の回りのお世話に全身全霊を注ぐ日々を送っていた……というのは真っ赤なウソで、ベーッ(舌を出す)。相変わらずの朝からの掃除などに不満タラタラで過ごしていたのだ。

 とりわけ俺が納得できなかったもののひとつに、あの当時、担当になっていた窓のガラス拭きがあった。「ガラスなんて年に一度大掃除の時にやるもんじゃねーの!」という考えの若者が、毎日毎日同じようにガラスをゴシゴシ、息をハーッと吹きかけてキュッキュッの繰り返し……たとえ俺でなくても退屈極まりないことだと思うのだ。

 さあ、ここから動物学界を震撼させるような出来事を俺が生み出してしまうのだから、世の中わからない……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る