鈴木保奈美は「卒婚」か…夫・石橋貴明と別居報道の真相

公開日: 更新日:

 女優・鈴木保奈美(54)が公私ともに話題だ。出演した映画「おとなの事情 スマホをのぞいたら」が全国公開中とあってか、メディア露出が相次ぐ。そこで昨年からインスタをはじめたことや改めて演劇の勉強をしていることなどを語り、「できないことじゃなくて、できることを数えよう」などと前向きなコメントを発信している。

 保奈美はとんねるず石橋貴明(59)との結婚(1998年)を機に専業主婦になっていたが、休止していた芸能活動を11年から本格的に再開。ドラマや映画、エッセー集の出版など多方面で活動している。3人の娘も大きくなり公私ともに順風満帆かと思ったら最近になって石橋との別居が取り沙汰されているのだ。

「昨秋に自分の名義でマンションを購入したり、所属先を石橋の事務所から出て、実姉が代表、母が取締役という個人事務所を設立と女性セブンに報じられたのです。だから離婚というのは早計でしょうけど、いわゆる『卒婚』(離婚届は出さないが夫婦が互いに干渉することなく別々の人生を歩む生活形態)への布石にもみえ、マスコミが取材に駆け回っているのです」(スポーツ紙芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  10. 10

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

もっと見る