柴咲コウ「35歳の少女」母親役 鈴木保奈美が開眼した作品

公開日: 更新日:

 まずまずの滑り出しだろう。11日から始まった、女優の柴咲コウ(39)が主演を演じる日本テレビ系連続ドラマ「35歳の少女」。ビデオリサーチの調査によると、初回の世帯視聴率は11.1%(関東地区)となった。

 柴咲の役は、10歳の時に不慮の事故に遭い、25年間病院で眠り続けて奇跡的に目を覚ますという主人公(望美)。難しい設定だが、やや上目遣いで怯えた表情をしながら相手の顔を眺めたり、突然、大声で泣き出したりする仕草は小さな子供とそっくりで、ネット上では<役作りの苦労がうかがえる><さすがだ>などと絶賛する声が続出。ドラマの今後の展開に期待大だが、柴咲以上に存在感を発揮したのが母親(多恵)を演じた鈴木保奈美(54)だった。

 望美の記憶にある家族4人の幸せな生活ははすでに崩壊してバラバラ。そんな中で、25年ぶりに目覚めた我が子を歓迎しつつも、思い切り喜ぶことができない……。そんな複雑な感情を、淡々としたセリフ回しと表情で表現した鈴木。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  5. 5

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  8. 8

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  9. 9

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る