長寿番組が次々消滅…ゴリ押し芸能リポーターに不要論出る

公開日: 更新日:

「あんな芸能リポーターいらねえって言ってんのに!」

 現在、4月の改編期を前にテレビ局では様々な会議が開かれている。そんな中、ある関西のテレビ局では番組スタッフが、冒頭のように憤りを隠せず大声を張り上げた。この背景には、必要なものを削ってムダなものを残そうとするテレビ局ならではの不条理があるという。

 ◇  ◇  ◇

 コロナ禍の影響でテレビ局に広告を出す企業が減り、軒並み番組制作費が削られている。22年の歴史がある小倉智昭司会の「とくダネ!」(フジテレビ系)や、立川志らくの「グッとラック!」(TBS系)などの情報番組が幕を閉じる。31年続いた「噂の! 東京マガジン」(TBS系)、25年続いた「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)、12年目の「火曜サプライズ」(日テレ系)、10年目の「爆報! THEフライデー」(TBS系)などのバラエティー番組も終了し、関西ローカルの情報番組では21年続いた「ちちんぷいぷい」(MBS)や「ミント!」(MBS)が終わる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る