水卜、井上、夏目“3美女アナ”死に物狂いバトル 誰が有利?

公開日: 更新日:

 民放各局で春からの朝のワイドショー改編が続々と発表されているが、女子アナたちの攻防戦も激しくなりそうだ。

 まず仕掛けたのは日本テレビ。“絶対エース”水卜麻美アナ(33)を「スッキリ」(8時~10時25分)から「ZIP!」(5時50分~8時)の総合司会に抜擢し、朝帯の視聴率トップを目指す。

「朝帯の情報番組で勝てるようになれば日テレの視聴率3冠王(全日・ゴールデン・プライム)は確実です。理想はかつて『ズームイン!!朝!』が放送されていた黄金時代です。当時は日テレの独壇場だった。水卜アナなら可能だと判断したんです」(日本テレビ関係者)

 これに対し、フジテレビは「めざましテレビ」(5時25分~8時)のメインMCを同番組で5年間メインMCを務めた永島優美アナ(29)から“ポスト・カトパン”と目される期待の入社3年目、井上清華アナ(25)にチェンジ。

「『めざましテレビ』は昨年までの3年連続で、視聴率同時間帯民放トップの人気番組です。しかし好感度ナンバーワンの水卜アナが殴り込みをかけてきたので、『めざまし――』もうかうかはしていられないという判断です」(フジテレビ関係者)

夏目三久は背水

 一方、苦しい立場に追い込まれると囁かれているのがTBS「あさチャン!」(6時~8時)のフリーの夏目三久アナ(36)。

「今春は日テレもエースを投入し、フジも同枠1位を維持するため死に物狂いのバトルとなる。その余波をモロに受けるのが視聴率的に微妙な『あさチャン!』です。2014年の番組開始から7年、視聴率は低迷しており、現在は世帯視聴率3~4%台です。これまでやってこれたのはTBSで国民的人気ドラマ『半沢直樹』があったからです。主演の堺雅人と夏目は同じ事務所のため、夏目はリストラを免れていましたが、TBSが公式にリリースしているように、シリーズが終了し、シーズン3の制作がなくなった以上、夏目は今秋にもリストラの対象となってしまう可能性があります」(制作関係者)

 さらに昨今のTBSでは聖域なしのリストラ改革が進んでいることも夏目にとっては逆風だ。

立川志らくの『グッとラック!』は終了。さらに制作費抑制を目的に、『ジョブチューン』と『有吉ジャポンⅡ』から、元TBSの人気アナだった田中みな実も3月末にリストラされるようだ。現在のTBSはコロナ禍で仁義も情実もへったくれもありません」(事情通)

 夏目三久アナにとっては崖っぷちの春となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった