井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

行政の話もせず何10万円も払って一緒に飲むバカはいない

公開日: 更新日:

 行政の話をしないで何十万円も払って一緒に飲むバカはいないぞ。結婚披露宴じゃないんだ。おまけに、ムジナのような顔をしたあの首相は「息子とは別人格ですから」と、まるで勘当して縁まで切ったようなしらじらしいことを言うのにも呆れ返った。

 保身しか考えない官僚などロクなもんじゃない。まあ、我ら映画屋はめったに会わない人種だし、おまえらどうにでもなりやがれ、だが。1998年の銀行と大蔵省や日銀の官僚たちのノーパンしゃぶしゃぶ接待事件まで思い出したぞ。それはただの贈収賄汚職だったが、逮捕者や自殺者まで出て騒ぎになったもんだ。女子の股ぐらを見ながら、しゃぶしゃぶ肉を食らう悪趣味には笑うしかなかったが、強欲の成れの果て、世紀末的事件だった。でも、霞が関の住人たちは明日は我が身かと下を向いて笑っていたヤツらが多かったんじゃないのか。


 当時は官僚が自分の権力権限を乱発乱用する時代だったが、今のやつらは哀れなものだ。官邸になびいて好かれるようにするのに精いっぱいの、キン玉の抜かれた宦官もどきばかり。官僚は大臣に仕えて、集めた税金の使い方を算段して仕分けるのが仕事だ。それが「支配機構の権限」だ。もともと、我ら納税者はそれを信用しないが任せているだけだ。業者たちは御利益にあやかりたいと、しゃぶしゃぶや会食をして任せているのだ。

 官僚の接待漬けは総務省だけではなく、これは氷山の一角だろう。今にいじましいヤツらがもっと見つかるかもだ。

■映画「無頼」絶賛公開中! 詳細はHPで

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  7. 7

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  8. 8

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  9. 9

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る