井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

政府に五輪など開かせたくない ワクチン配りだけやっとけ

公開日: 更新日:

 コロナめ。仕事が止まったりなくなったりした人がどれほどいることか。近所のラーメン飲み屋だって全日シャッターを下ろしたままだ。1日6万円補償で、もう2カ月経った。計360万円、このデタラメ国家から経済を回すために支払ってもらったんだろうか。そんな話はまだ聞いていない。おまけに、我らサラリーマンじゃない、仕事のなくなった「個人事業主」にはもう半年前からビタ銭一文配られていないのだ。今、個人事業主こそルンペンプロレタリアートだ。この60年代の懐かしいドイツ語を訳したら最下層浮浪極貧層ってことだ。古だぬきの政治屋どもよ、思い出したか。芸能界でも億万長者以外の、水のみ百姓ならぬフリー芸能者たちは生殺しのままで社会に放っておかれているんだ。こんな人間こそ救うのが“国家”じゃないのか。腹が立つどころかムカついている。

 役者稼業が悔しくて、もう気が狂いそうだと愚痴る年配役者までいる。文化庁から助成金が誰にも出るわけではないが、無理やりに自主映画モドキを作ったり、投げ銭欲しさにユーチューブに舞台芸をアップさせる知恵者や策士もいる。「すばらしき世界」という最近の邦画で、瞬間湯沸かし器型ヤクザの元組員が長い懲役から戻ったものの更生できそうな就職口がなく、職が見つかったと思ったら心不全でぽっくり死んでしまう救いようのない、少しもすばらしくない惨めな話もあったが、売れない芸人だろうが元ヤクザだろうが、駅前で地べたに座ってマスクもなしに物乞いする婆さんだろうが、最下層民を助けるのが“社会”じゃないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る