井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

行政の話もせず何10万円も払って一緒に飲むバカはいない

公開日: 更新日:

 いじましい、いやらしい性根の腐った役人の見本だ、総務省の処分された幹部官僚どもは。「官邸権力」に自分の出世や人事を握られているだけでヘーコラフーコラするため、霞が関に日参してきたんだ。

 接待した放送業者の元官房長官の息子から逃げるわけにいかず、(多分、その息子が飲みの席に人質でいなくても接待は受けたんだろうが)その揚げ句、みじめな処分という人生のオチがついたわけだ。一晩の会食で7万4000円もおごってもらった元審議官の女もいた。総務だから誰様も何様もありだ。オレなんか1人で7万も飲み食いしたことは一度もないな。10年前の夏に、大阪で1人3万円の鱧のしゃぶしゃぶ鍋ぐらいか。まあいいや、オレの奇特な思い出話と比べたくないわ。ヤツらの方は既得権益だ。どこの何省だろうが官僚どもへ小ざかしい業者の裏接待は続いてきた。しかも、その女、前アベ総理の秘書官だったんだ。だから偉かったんだ。偉いからシャンパンでも開けてもらったんだな。業者側もこの審議官には媚びへつらっておこうという肚だったのか。この女史は「放送業界の話はあったかも知れないが、行政を歪める不適切な働きかけはなかった」と居直ったとか。どいつもこいつも言い訳には頭が回らないバカ者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る