本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

島木譲二の巻 場違いな“パチパチパンチ”披露のエピソード

公開日: 更新日:

 大阪名物“パチパチパンチ”といえば島木さん。ヤクザや取り立て屋などで登場してはギャグを連発、最後は周囲からボコボコにされて、逃げ帰るというギャップで関西人の心をつかんで離さない吉本新喜劇の重鎮でした。2016年にお亡くなりになった際、新喜劇の内場勝則元座長が「一流ホテルみたいな方でした」とコメントされたのは、どんな役どころでも、制作者側の無理な要求にでも応えてくださった人柄を称してのこと。「できません」とは絶対言わないだけでなく、求められたもの以上の芸を見せるのですから、超一流コンシェルジュです。

 60本ほど書いた新喜劇の脚本で、一度、島木さんを主人公にした「恋愛物」を書きました。たしか、タイトルは「恋のチュ~イングボ~ン」。うどん屋の大将・島木さんが店員の未知やすえさんに恋をして、周囲の力を借りながら何度もアタックを試みて、最後にめでたしめでたしとなるお話です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る