本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

辻本茂雄は歩けないほどの腰痛でも90分間舞台に立ち続けた

公開日: 更新日:

 私の本職は漫才作家ですが、吉本新喜劇の脚本も通常公演用60本と全国ツアーを1本だけ書かせてもらったことがあります。その全国ツアーは辻本君の大人気キャラクター「茂造じいさん」が登場するものでした。

 初日の公演が岐阜県内のホールで行われ、私もリハーサルやセットづくりのために前日に現地に入りし、リハーサルを終えると……座長(当時)で主役の辻本君が、立っているのも難しいほどの腰痛に襲われたのです。すぐに救急病院へ向かい、応急処置に痛み止めの注射を患部に数本打ってもらい、ホテルへ戻ってきました。辻本君は「なんとかなると思います」という返事でしたが、その顔は苦痛にゆがみ、並大抵の痛みではないことが伝わりました。

 辻本君の笑いへのこだわりは人一倍強く、一つでも多くの、少しでも大きい笑いを取ることをいつも考えているので、このアクシデントは“思い通りにできないかもしれない”という大きな不安材料だったと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  8. 8

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    静岡放送社長の勘違い…女子アナとのW不倫疑惑で開き直り

もっと見る