本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

「アインシュタイン」というコンビ名に“売れるジンクス”

公開日: 更新日:

 よしもとの「男前&ブサイクランキング」で3年連続“ブサイク”1位、殿堂入り確実という稲田君と“男前”3位の河井君という「美男×野獣」コンビ。稲田君が前のコンビを解散後、当時から食事に誘ってくれたり、相談に乗ってくれていた2年先輩の河井君にラブコール。しかし、河井君の答えは何度誘っても「ノー」のまま。現在「アキナ」で活躍中の山名君とコンビ解散後はピン芸人でやっていくつもりでいたのです。

 ところがここで不思議なコンビの縁。初期「M―1」の2010年の最終回に、河井君が1回限りという約束で稲田君と急造コンビ「ゴリラーズ」を結成、3回戦まで勝ち進みましたがそのまま自然消滅。その後も稲田君からのラブコールは続いたものの河井君にその気はなく……「笑い飯」の哲夫君に「ピンの仕事は(コンビで)売れてからでもできると思うよ」というアドバイスを受けて、ようやく正式にコンビを組むことになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る