本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

キングコング梶原は上沼さんを嫌っているわけではない

公開日: 更新日:

カジサックの巻

キンコン西野・吉本退社」という思いもよらない出来事に、コンビ結成当初から知る者としては衝撃が走りました。キングコング解散かと心配しましたが、コンビは存続するので、いつの日かまた2人が大好きな漫才をできる日が来ることを願っています。

 吉本に残った方の“カジサック”ことキングコングの梶原君は今や登録者数200万人を超える大人気YouTuber。西野君とコンビを組む前から、しゃべり、動き、センスが突出していた生徒でした。

 在学中、キングコングを結成して数カ月も経たぬうちにNHKの新人漫才コンクールで最優秀賞受賞、劇場出番を獲得と普通では考えられない「エリート街道」をまっしぐら。卒業後、関西ではたちまち人気者になり、「はねるのトびら」で全国ネットのゴールデンに進出。芸人を目指す者にとってはこれほどの成功はないという誰もが羨む存在でしたが、本人は引き出しも少なく、実力もなかったので戸惑いの連続で余裕などまったくなかったと言ってました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  7. 7

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る