「天国と地獄」独走で 主婦層に広がる柄本佑&溝端淳平ロス

公開日: 更新日:

 1月期の地上波GP帯(夜7時~11時)の連ドラも、ほとんどが残り2話となり、いよいよフィニッシュへ。

 こういう時期になると、ささやかれがちなのが「〇〇ロス」という言葉。「〇〇」に入るのは、今期で言えば、視聴率トップを独走する綾瀬はるか(35)主演の「天国と地獄」(TBS=日曜夜9時)の登場人物「彩子」「日高」「陸」「八巻」だったりするのかもしれない。

「綾瀬さんの“彩子”と高橋一生さんの“日高”の入れ替わり演技やサスペンス展開を楽しみながら、柄本佑さんの“陸”、溝端淳平さんの“八卷”に萌えている主婦層も多いようですよ」(女性誌編集者)

 現在、民放地上波GP帯の連ドラ枠は日本テレビテレビ朝日、TBS、フジテレビが各3枠、テレビ東京の1枠の計13枠。そのうち世帯視聴率が2ケタを超えるのはここ数年、4~6作品あり、その傾向が続いているが、「〇〇ロス」は、ヒット作の“証し”なのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る