小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

公開日: 更新日:

 公私ともパートナーだった歌手KEIKO(48)とこのほど離婚した音楽プロデューサー小室哲哉(62)。「これからも桂子さんが皆さまに愛され、実り多い人生をおくられるよう、心より願っております」と弁護士を通じてコメントしたが、その言葉はしらじらしいという声が圧倒的だ。実際、離婚調停で届けが提出され、約18年の夫婦関係にピリオドを打った時、双方とも出廷したが小室はKEIKOに言葉をかけることも目を合わせることもなかったと報じられた。

「何も驚くことはない」と、スポーツ紙芸能デスクは言う。

「アイドルデュオ『キララとウララ』のメンバーと結婚そして離婚後、華原朋美とパートナーとなりましたけど、こちらは結婚には至らずに破局。その後歌手Asamiと再婚し女児に恵まれましたがわずか10カ月で離婚。慰謝料7億円と騒がれました。その離婚後わずか8カ月で結婚したのがKEIKOさん。小室さんの女性関係は、不倫疑惑やら性格の不一致などで短期間で関係を終えるか、揉めていますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  7. 7

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る