小室哲哉がKEIKOと離婚成立 不倫報道で払う慰謝料はいくら

公開日: 更新日:

 元音楽プロデューサーの小室哲哉(62)とglobeのKEIKO(48)の離婚問題にようやく決着がついた。2月26日に離婚が成立したと、同日配信の「女性セブン」が報じた。2月下旬、約3年にわたり別居していた2人は調停に出廷したものの、最後まで法廷で顔を合わせることはなかったという。

 小室は18年1月、週刊文春に女性看護師との不倫疑惑を報じられ、引退を表明。11年にくも膜下出血で倒れたKEIKOのリハビリを支えてきたと思っていたglobeファンは、大きなショックを受けた。その後、離婚調停報道が出て、小室側が婚姻費用として「月額8万円」を提示したことも報じられた。

 婚姻費用とは、夫婦が分担すべき生活費のこと。小室とKEIKOのように別居していても、法律上の夫婦であれば、収入が少ない側が、収入が多い側に請求できる。小室の1997年の推定年収は23億5600万円。高額納税者番付で全国4位だったことを考えると、婚姻費用の「月額8万円」はいかにも少ない。ネット上では「80万円の間違いじゃないの?」というツッコミが飛び交っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る