城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

小室哲哉が“お手本”を見せた「不倫会見」のごまかし方

公開日:

 最近また、小室哲哉(59)の話題が持ち上がった。大災害の陰に隠れた格好で大きな騒動にならなかったが、芸能プロダクションの幹部の中には、そうか、その“手”があったかと思う人もいたのではないかと感じた。

 先週の週刊文春で、小室の妻、KEIKO(45)の親族が小室への怒りの告発をした。

 小室は今年1月に看護師の女性との不倫疑惑を報じられて記者会見を開いている。不倫を否定した上で、「僕なりのこの騒動のけじめとして、引退を決意しました」と会見冒頭で明らかにしていた。そして、2011年にくも膜下出血で倒れて以来、リハビリを続けているKEIKOについては「今は小学4年くらいの漢字ドリルを楽しんでやっている」と苦悩をにじませ、自分も介護疲れ、ストレスによる耳鳴りで、自身の体も厳しい状態と説明した。さらに涙ぐんで「子どものようなKEIKOを深く愛している」とも。不倫については「普通の男性としての能力はもうない」とあからさまに言ってみせた。そこまで赤裸々に話すのかと見ている側の同情もあって、不倫を報じた週刊文春に批判が殺到する事態にまでなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る