• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

小室哲哉が“お手本”を見せた「不倫会見」のごまかし方

 最近また、小室哲哉(59)の話題が持ち上がった。大災害の陰に隠れた格好で大きな騒動にならなかったが、芸能プロダクションの幹部の中には、そうか、その“手”があったかと思う人もいたのではないかと感じた。

 先週の週刊文春で、小室の妻、KEIKO(45)の親族が小室への怒りの告発をした。

 小室は今年1月に看護師の女性との不倫疑惑を報じられて記者会見を開いている。不倫を否定した上で、「僕なりのこの騒動のけじめとして、引退を決意しました」と会見冒頭で明らかにしていた。そして、2011年にくも膜下出血で倒れて以来、リハビリを続けているKEIKOについては「今は小学4年くらいの漢字ドリルを楽しんでやっている」と苦悩をにじませ、自分も介護疲れ、ストレスによる耳鳴りで、自身の体も厳しい状態と説明した。さらに涙ぐんで「子どものようなKEIKOを深く愛している」とも。不倫については「普通の男性としての能力はもうない」とあからさまに言ってみせた。そこまで赤裸々に話すのかと見ている側の同情もあって、不倫を報じた週刊文春に批判が殺到する事態にまでなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る