カンニング竹山も“失言”炎上…芸能人コメンテーターの是非

公開日: 更新日:

(文=水野詩子/ライター、コラムニスト)

 東京都がカンニング竹山(50)に対し、番組内での発言を訂正を再度求め、抗議したという異例の事態が発覚し、賛否両論が巻き起こっている。

 きっかけは、3月28日放送の生放送番組「アッコにおまかせ!」(TBS系)で、竹山が広報用ユーチューブの制作に税金を「4.7億円を注ぎ込んだ」と都を猛烈に批判したこと。その後、竹山はすぐに自身の発言の誤りに気付き、「4.7億円は動画制作費ではなく、広告費全体の経費であった」と訂正。「すみません」と放送内に謝罪した。

 しかし、日刊ゲンダイが4月1日に都が竹山に抗議した一件を報じるまで、実際に4.7億円が全て動画制作費に使われていたと思い込んでいた人も多く、都は抗議の電話などの対応に追われたとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る