桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

4月ドラマはアラフォーの“オバハン女優”が頑張っている

公開日: 更新日:

 新型コロナ第4波とともに春ドラマがやってきた。またもや「おうち時間」が増えるからドラマへの期待も高まる。注目はアラフォー女優の頑張り。女性活躍時代にとりあえず乗っとけということかも。

江口のりこがソロ活を楽しむ

「半沢直樹」以来、ドラマにCMに勢いが止まらない江口のりこ主演「ソロ活女子のススメ」(テレビ東京系)。ちょっと前に「おひとりさま」がはやったが、それが「ソロ活」に進化した? 江口演じる出版社契約社員の五月女恵が仕事が終わると即刻ソロ活に勤しむ。初回は「ソロ焼き肉」&「ソロリムジン」、第2話は「ソロ動物園」&「ソロ水族館」とあらゆることを一人で楽しむ。

 社内の飲み会を断ってのソロ活。人間関係よりも自分最優先。一人のシーンが多く、セリフのほとんどが江口の心の中の声だったりする。自分のために時間を使うことはなんと贅沢なことかと教えてくれる。

吉田羊が悩めるシングルライフを

 同じシングルもの、ラジオパーソナリティーでおなじみのジェーン・スーのエッセーをドラマ化した「生きるとか死ぬとか父親とか」(同)。

 主演は吉田羊。シングルライフを謳歌しているように見えながらも、妊娠している妻と夫が仲むつまじい姿を羨ましく見つめたり……。國村隼演じる一癖も二癖もありそうで、自由奔放な父親に振り回される。2人とも達者だけに良質の演劇を見ているみたいだ。

 吉田は「きれいのくに」(NHK)にも主演。稲垣吾郎が出演することでも話題だ。

大地真央に女性版「水戸黄門」の声

 フジテレビ系、オトナの土ドラ「最高のオバハン 中島ハルコ」で最強のオバハンならぬ最高のオバハンを演じるのは大地真央。同枠の前作「その女、ジルバ」で女性に勇気と希望を与え、今作もやはり、女性たちの強い味方でネットでは女版「水戸黄門」という声が上がっている。

「今野、そこに愛はあるんか?」のアイフルCMでおなじみの大地。元宝塚トップスターは華があり過ぎてテレビの画面に収まりきれず、舞台を中心に活動していたが満を持してドラマに降臨。「はじめてのチュウ」を歌うCMがあざと過ぎると女性人気爆サゲの松本まりかも大地の前ではフツーの女性に見えるからいい化学反応を起こした。初回は不倫がテーマだったが、不倫男に袴田吉彦を起用するなどシャレが利いている。

「あなた、私をだれだと思ってるの! 美のスーパードクター中島ハルコよ」とタンカを切るところは「ドクターX」の大門未知子が帰ってきたかと思うほど。あの迫力で理不尽な世の中をバッサバッサ斬ってほしい。

 いずれにもイケメンが配され、タダで楽しめる「ホストクラブ」のようなものか。折を見て男性も楽しめるドラマも紹介したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る