桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

新規感染者に一喜一憂する番組で胸がすくコメントをする人

公開日: 更新日:

 またもやの「緊急事態宣言」。行き場のない怒りをどうしたものかとイライラ、多くの国民はもはや「コロナ疲れ」という言葉にもほとほと疲れている。なのに、テレビは「本日の新規感染者」で一喜一憂、「先週の数字を上回りました」と伝える。医療逼迫はどうした? 病床を増やさない政府、自治体、医師会をなぜ追及しない。みんな疑問に思っているのに。

 かと思うと、渋谷や新宿の人混み(人流とか言ってさ)、駅前で外飲みして騒ぐ若者の映像を流し、テレビは率先して自粛警察をやり、第4波を蔓延させたのは若者と言わんばかり。飲食店に酒、若者という仮想敵をつくって、本来向かうべき矛先を明後日に向けてガス抜きしている。「変異株は猛威」「医療逼迫」とあおるワイドショーにはいい加減飽き飽きです!

 そんな中、ワイドショーのコメンテーターが息巻いている。毒にも薬にもならないコメンテーターも多いけど、胸のすくような発言で視聴者のモヤモヤを解消してくれる人も中にはいる。

 以前、取り上げたカンニング竹山は都政の広告費をめぐる発言が誤認だと抗議を受けたが、圧力に屈せず自由な発言を続けている。21日の「バイキングMORE」(フジテレビ系)でも「どんだけ怖い目に遭うか知ってんのか。怖いことされるぞ!」と笑いに変えていた。芸人は笑わせてなんぼ、笑いに紛らわせて本音を語る竹山はコメンテーターのかがみと、またもホメておきたい。

“小室文書”に言及する真麻

 同じ「バイキング」では高橋真麻が○。例の小室圭氏の長い文書について「仮にこのおふたりがご結婚したところで、もし道端で会った時に眞子さまおめでとうございます、小室さん、でも、あのお金は返した方がいいと思いますよって言っちゃうと思う」とコメント。

「純粋にお祝いの言葉を掛けられない人生を今後、歩まなければいけない方がおつらいんじゃないか」とまるで桃太郎侍に代わってバッサリ。この発言には多くの国民が納得したことだろう。

きゃりーぱみゅぱみゅに恋愛指南

 ワイドショーではないが、18日「なりゆき街道旅」(同)に出演していた吉本新喜劇座長の小籔千豊が、きゃりーぱみゅぱみゅに「こういう男はダメってある?」と理想の結婚相手について聞かれ、その答えにな~るほど!

「マザコンは絶対やめた方がいい」「母親がおかしなことを言うてた時にお母さんの肩もつ人いるじゃないですか、それははっきり言ってカスやと思てる」「だれかとトラブった話を聞いた時に俺はまったく悪くない、自分の非をちょっとでも感じない人」「で、ケチ。人のために金払われへんかったり」

 だれのことかご想像にお任せします。

 竹山、真麻、小籔はまとも。みんなが期待している内容ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る