民放首位「ドラゴン桜」キンプリ髙橋海人効果で逃げ切りか

公開日: 更新日:

 阿部寛(56)主演のTBS日曜劇場「ドラゴン桜」が、初回の4月25日から世帯平均視聴率2ケタをキープ。今期の連続ドラマで平均視聴率のトップはNHK大河ドラマ「青天を衝け」だが、「ドラゴン桜」は民放1位と好調だ。

 同作は、2005年に放送された大ヒットドラマの15年後を描いた続編。弁護士役の阿部と長澤まさみ(33)が“一般的な教育”と一線を画した独自のメソッドで、ジリ貧の東大専科の生徒たちを東大合格へ導く学園物語だ。

 放送時間帯には毎週、ドラマ関連ワードがツイッターのトレンド入り。制作サイドもリアルタイムの視聴者を飽きさせない工夫を凝らしており、公式ツイッターで作中と同じタイミングで出題して、「#ドラゴン桜」で答えを集い、東大専科と一緒に勉強できるというコンテンツ制作もある。

 生徒役はおよそ1000人の中から選ばれ、欅坂46(現・櫻坂46)元メンバーの平手友梨奈(19)、元“こども店長”の加藤清史郎(19)と若手実力派揃い。中でも意外な演技力で評価を高めているのがKing&Prince(キンプリ)の髙橋海人(22)だ。髙橋が主人公の第4話は14.3%の高い視聴率をマークして、初回に続き歴代2位。大粒の涙を流す迫真の演技に、SNSでは称賛の声が相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る