視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

公開日: 更新日:

 16日放送の阿部寛(56)主演の連続ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系、日曜午後9時)の第4話の平均視聴率(世帯)が14.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)となり、第3話(同12.6%)を上回った。

「バカとブスこそ、東大に行け!」――。現実の教育現場で今、教師がこう絶叫したら、たちまち動画が拡散されて学校と保護者の間で問題視されるだろう。その意味では、上司に向かって「倍返しだ」なんて間違っても口にできないサラリーマンの気持ちを代弁し、圧倒的支持を得た大ヒットドラマ「半沢直樹」(TBS系)に通じるものがあるが、「これも現実とはちょっと違うのでは?」と囁かれている場面が第3話にあった。阿部が演じる弁護士・桜木建二が「どいつもこいつもバカばっかりだな」「世の中の実態と仕組みを知らねぇってことがバカなんだよ」と言い放つシーンだ。

「なぜ社会はこうなってんのか、誰がどんな意図でこの仕組みを作ったのか、本質を見抜き、自分なりの答えを出す力をつけろ!その時初めて馬車馬は人間になれる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る