【卓球】日本が中国を追い抜く日 団体女子は完敗も実力差は縮む

公開日: 更新日:

 五輪の卓球で無類の強さを発揮しているのが中国だ。

 ここまで団体は男女ともすべて金メダル。女子シングルスと団体は五輪競技に採用された1988年ソウル大会から金を他国に譲っていない。しかし、強すぎることが弊害を生んでいる。例えば今大会、シングルス決勝は男女とも中国勢同士の対戦。どちらが勝っても中国の金メダルは決まっていた。中国国内では「卓球は勝って当たり前。負ければ騒ぎになるが、勝っても話題にはならない」という。

【写真】この記事の関連写真を見る(12枚)

 そこへいくと日本は国内人気に陰りが見える中国との実力差を、徐々にだが詰めている。今回から採用された混合ダブルス決勝は水谷と伊藤が中国ペアを下して金メダルを獲得。日本が中国の牙城を崩したのは初めてのことだ。

 伊藤は2018年のスウェーデンオープンで、中国のトップ選手たちを次々に下して優勝。中国メディアから「大魔王」と呼ばれた。この伊藤や男子のエース・張本らの活躍もあって、日本国内の卓球人気はますます上昇。底辺も広がっている。

 昨5日、中国との決勝は0―3。ダブルスもシングルスも勝てなかったものの、競ったし、ダブルスと伊藤は1ゲームずつ取った。この先、どれくらいかかるか分からないが、日本が中国に追い付き、追い越す日が訪れそうな気配だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?