“キムタク”で“織田信長”は東映70年の悲願 製作費20億円と万全の布陣で挑む

公開日: 更新日:

 俳優の木村拓哉(49)と綾瀬はるか(37)が21日、都内で行われた映画「THE LEGEND&BUTTERFLY」(来年1月公開)発表会見に登場した。

 同作は東映70周年記念作品で、織田信長と正室である濃姫の愛の物語。“キムタク”で“織田信長”は「東映の悲願」だったそうで、手塚治社長は「製作費20億円、稟議書に判を押す手が震えました。映画の神に選ばれる一本になる作品です」とあいさつした。

 主演の木村は、織田信長について「疑問を感じていたものに対して初めて声を上げた人。上げた声に自分の行動をもって、責任を果たした人と解釈している」と語り、ヒロインの綾瀬について「見た目はおっとりした感じですけど、動いたら半端じゃない」と会場を笑わせた。綾瀬は、撮影中の木村について「モチベーションの高さはかなわない。一瞬たりとも手を抜かないパワーがあって、見ただけで安心します」とコメントした。

東映は悲願の大勝負

 監督は映画「るろうに剣心」の大友啓史(56)、脚本は「コンフィデンスマンJP」の古沢良太(48)という万全の布陣。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「最近の木村さんは『教場』でクールな教官など、新たな役柄も違和感なく演じながらも、たたずまいはアイドル然としている。自身のカラーを失わず、褒め言葉として“何をやってもキムタク”が生きている。つまり、どんな役にも変われる“カメレオン俳優”ではないからこそ、東映も万全の布陣で今作に臨めるのです。木村さんなら、新たな信長像を見せてくれるでしょう」

 キムタク信長が“天下布武”のノロシだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾