松田聖子はそれでもステージに立つ…フリフリ&ミニスカ衣装で示した“女王”の矜持

公開日: 更新日:

 昨年12月に、愛娘・神田沙也加(享年35)を亡くしたばかりの歌手・松田聖子が「Seiko Matsuda Concert Tour 2022 My Favorite Singles&Best Songs」を開催中だ。

 13、14日はキャパ1万5000人弱の武道館で行ったが、50代以上の女性ファンを中心に満員の大盛況。9月2、3日の同会場での追加公演も決まっている。長年のファンのほか、聖子の気持ちをおもんぱかったかつてのファンがン十年ぶりに足を運び声援を送っているようだ。

“My Favorite Singles&Best Songs”とうたうように、選曲は「青い珊瑚礁」「赤いスイートピー」「夏の扉」「風立ちぬ」など80~90年代に青春時代を送った世代なら誰もが知るヒット曲の数々。そのなかで異彩を放ったのが、故・沙也加のヒット曲「ever since」だ。黒のロングドレスを着てかみしめるように熱唱した聖子に、目頭を押さえるファンもいた。

「歌った後に『娘は天国に旅立ちましたが、いつも私の胸の中にいます』などと語り、ファンは大きな拍手を送っていました。大事な一粒種を失った悲しみがそう簡単に癒えるはずはなく、ファンの応援が何よりの支えになるからこそ、娘の死から1年も経たぬ間にステージに立ったのでしょう。彼女は今年還暦を迎えましたが、ステージでは『18歳でデビューして42年。この年まで歌ってこられるとは思っていませんでした』とも感慨深げに語っていました」(観客のひとり)

 ステージでは白とピンクのフリフリ衣装やミニスカート姿も披露し、右へ左へ駆けてファンサービスに努めた。12月のクリスマスディナーショーもすでに決まっている。これまでも、これからも、“女王”松田聖子は松田聖子だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま