渋川清彦 「キングダム2」の“泣ける演技”で人気急上昇! 主演ドラマ続編望む声も

公開日: 更新日:

 映画「キングダム2 遥かなる大地へ」の勢いが止まらない。7月15日から8月11日までの公開28日間で、観客動員数は263万人、興行収入は37.5億円を突破している。原作はご存じ原泰久氏の人気コミックで、主演は山崎賢人(27)。2023年には「キングダム3」も公開予定だ。

「漫画の実写化は、キャストの予想合戦が激しくなりがちで、映画が公開されると大抵〈イメージと違う〉などと書き込まれますが、こと『キングダム』に関しては、そういったコメントは少ないほうですね。(19年公開の)前作では大沢たかおさんが増量して肉体改造したことが大きな話題を呼んで、〈原作の王騎そのもの〉なんて絶賛コメントであふれ、映画でも人気キャラとなりました」(映画ライター)

 山崎をはじめ、吉沢亮(28)や橋本環奈(23)ら、前作から引き続き出演のキャストもいる中、「キングダム2」から《あの演技、泣けた》《カッコよかった》と注目されているのが、俳優の渋川清彦(48)だ。

 部下に厳しい面もあるが、戦場では自らが先頭に立ち、膨大な数の敵の群れに突っ込んでいく勇猛果敢な命知らず。そんな縛虎申(ばくこしん)を演じている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声