松重豊「孤独のグルメ シーズン10」が10月スタート! 類似ドラマが絶対に勝てないワケ

公開日: 更新日:

 松重豊(59)主演、テレビ東京系の連ドラ「孤独のグルメ」のシーズン10が、10月からスタートすると発表され、ファンから歓喜の声が上がった。

 内容については今さらゴローだろうが、2012年のシーズン1から、はや10年。おかげで「飯テロ」という言葉もスラングじゃなくなった。

「大みそかスペシャルも定着して、すっかり国民的ドラマです。他局もテレ東も二匹目、三匹目のどじょうを狙って類似のグルメドラマを連発していますが、『孤独のグルメ』の人気には遠く及びません」(テレビ誌ライター)

 最近のテレ東なら、20年の「こどものグルメ」はご愛嬌で、21年の飯豊まりえ主演「ひねくれ女のボッチ飯」とか、今年の渋川清彦主演「ザ・タクシー飯店」、ハナコの岡部大主演「しろめし修行僧」なんてのもあった。いずれも「孤独のグルメ」に勝てる予感すらしなかった。

■“ゴローさん”のキャラ立ち=松重豊の演技力

「一番の理由は“ゴローさん”のキャラが立っている、つまり松重さんの演技力でしょうが」とドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏がこう続ける。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声