• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「孤独のグルメ」はフジでボツに テレ東躍進はロケ率にあり

 今週発売の「週刊ダイヤモンド」のテレビ特集が業界で話題になっている。タイトルは「誰がテレビを殺すのか」。さすが老舗経済誌だけあって「電通すら見放したフジのゴールデン」とか各局の不動産利益率、地方局122社の経営苦境度ランキングなど、他誌では見られない切り口が満載。

 中でも目を引いたのが「“手抜き”局はどこだ!?」という特集の中にあった各局のバラエティー番組における「ロケ率」の比較だ。

 まず「手抜き」とバラエティーのロケ率はどういう関係があるのか。放送ジャーナリストの小田桐誠氏が言う。

「バラエティー番組というと“お手軽”な感じがしますが、そこにロケが絡むと制作側は大変な手間がかかるのです。確かに芸人だけをスタジオに集めてアレコレ言わせるだけならお手軽です。しかし、ロケとなると、タレントやディレクター、それにカメラ、照明、音声が街に繰り出し、いったんはそこで編集しなければならない。それを今度はスタジオにいる芸人たちに見せてコメントを収録し、さらに編集しなければならず、制作陣にとっては二度手間になるからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る