かつては解散危機も…しずちゃん“サプライズ婚約”裏で囁かれる「南海キャンディーズ」の今後

公開日: 更新日:

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」のしずちゃんこと山崎静代(43)が7日深夜、相方の山里亮太(45)がパーソナリティーを務めるTBSラジオの番組で婚約したことをナマ発表し、世間をアッと言わせた。

 お相手は俳優の佐藤達(とおる=47)で、2人は昨年の舞台「徒然アルツハイマー」で共演。しずちゃんの“猛プッシュ”で今年3月から交際をスタートさせ、晴れて婚約。近く結婚という運びとなった。

 しずちゃんは身長182センチ、佐藤は178センチと、文字通りのビッグカップル誕生に、ネット上は《おめでとう》《うれしい》《お幸せに》などと祝福ムード一色だ。

「しずちゃんから“サプライズ報告”された山ちゃんが驚きながらも、心底喜んでいる様子に何だかホッとしましたね」と、あるスポーツ紙芸能担当デスクがこう続ける。

「最近はすっかりなくなりましたが、南キャンはこれまで何度も解散危機が報じられてきましたからね。理由ははっきりしていて、プライドが高い山ちゃんの嫉妬。もう10年以上前になりますかね、一時期はしずちゃんの方が売れっ子で、嫉妬にかられた山ちゃんがしずちゃんの映画出演を妨害しようとしたなんて報じられたことも。コンビ間格差が原因で別れたお笑い芸人たちを何人も見てきたので、南キャンの解散危機はもうすっかり過去の話なんだなと思ったりして」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ