広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感

公開日: 更新日:

 最近、広末涼子(41)が自身のプライベートをさらけ出し始めて話題になっている。女優は生活感を出しすぎると仕事に影響が出ることもある。それだけが理由か分からないが、広末はこれまでSNSをやらず、バラエティー番組にもめったに出演してこなかった。

 5月6日に都内で行われた「第14回ベストマザー賞 2022」授賞式では、18年前の結婚&妊娠発表時の胸中などを赤裸々に語り、海外留学中の長男に「ヒロスエブーム」を冷やかされたエピソードも披露。ようやくオープンにされた子育て歴18年の肝っ玉母ちゃんぶりが、同世代のママたちに刺さったようだ。

 広末は今年4月には初のエッセー集「ヒロスエの思考地図 しあわせのかたち」(宝島社)も出版。その中で2010年10月に再婚したアーティスト、キャンドル・ジュン氏(48)についてもこんなふうにつづっている。

キャンドル氏の本音トークがあったからこそ

〈私のたったひとりの最高のパートナーは、私が“強くて弱い”ことを知っている。勝ち気で負けず嫌いで男勝りな私が、中身は心配性で泣き虫なただの子どもであることも許してくれている。そのうえで、いつも対等でいてくれる。“強い人”であり、私より強くならずにいてくれる彼のことを、私は、愛し尊敬している〉(第3章「女性として、愛することと恋すること-34-負けず嫌い」)。

 キャンドル氏との結婚当初、彼の聞き慣れない肩書を「爆笑問題」の太田光(57)がいじってみたり、“ヒモ夫”などと報じるメディアもあった。しかし、キャンドル氏は昨年10月31日配信のユーチューブチャンネル「街録ch~あなたの人生、教えて下さい~」に登場し、「去年から『キャンドルアーティスト』って肩書をつけてもらうのをやめた」と“キャンドル”にこだわらない考えを示し、広末との収入格差についても「稼ぐことより(東日本大震災の被災地の支援になる)“活動、活動”ってしてたんで。それでも家族がちゃんと今あるってのは、本当、彼女の(おかげ)。ベタ褒めですけど」と素直に認めている。そんなキャンドル氏の本音トークがあったからこそ、広末のエッセーでの〈エプロンを着けた男の人も素敵〉といった言葉にも説得力が生まれるのだろう。

 広末は今年公開の映画3本に出演し、単発ドラマにも出演。殻を破って、さまざまなことをぶっちゃけ始めたことで同世代に共感を呼び始めた彼女の快進撃は止まらなそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾