鈴木おさむ氏は“地雷”を踏んだか…小説で明かした「SMAP解散の真相」の余波

公開日: 更新日:

 18日で、日本中を震撼させた国民的アイドルグループ「SMAP」の解散騒動から7年目を迎える。

 昨年末、大きな話題を呼んだのが、「文藝春秋」(2023年1月号)に掲載された「SMAPのいちばん長い日ーー“公開謝罪番組”担当の放送作家が描く崩壊と再生」という副題がついた、人気放送作家・鈴木おさむ氏の小説「20160118」だ。

 この小説についてはSMAPファンのみならず、多くのジャニーズファンの間で話題にのぼったが、さまざまな意見が飛び交ったのは、もっぱらSNS上に限られた印象だ。
 
「鈴木氏が放送作家として携わっていた、フジテレビのバラエティ番組『SMAP×SMAP』に端を発するSMAP解散騒動の真相について小説で知ったSMAPファンだけでなく、退所騒動で揺れたKing & Princeファンからも、ジャニーズ批判が巻き起こった。ジャニーズ事務所は、副社長だった滝沢秀明氏(40)の退社とキンプリにメンバー3人のグループ脱退&退所にまつわる記事を掲載した『週刊文春』を名誉棄損で告訴。鈴木氏の小説を発表したのは、くしくもジャニーズ事務所の宿敵である文藝春秋の月刊誌でした」(芸能ライター) 

 一方、この小説についてジャニーズ事務所と関係が深いメディアほど、沈黙を守り続けた。あれから年が明け、“SMAP解散騒動の舞台裏”を明らかにした小説が、各所にどんな影響を及ぼしているのか。

 大手芸能プロダクション幹部はこう話す。
 
「ジャニーズの藤島ジュリー景子社長は鈴木氏の小説について一切コメントを出していません。しかし、母親であるメリー喜多川さんの名誉も傷つけた内容だったため、鈴木氏への怒りは容易に想像できます」

 鈴木氏の所属事務所「スマイルカンパニー」の社長を務めた小杉理宇造氏は、かつて故・メリー喜多川氏の腹心で、SMAP解散騒動に関与していたといわれる人物だ。そのため、鈴木氏の小説発表は、「パンドラの箱を開けただけでなく、地雷を踏んでしまったのではないか」と鈴木氏を心配する声があがっていたのだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?