「松本人志オワコン説」は本当か? ケンコバの元相方が長年の“悪しき慣習”を痛烈批判

公開日: 更新日:

 相方・浜田雅功(59)とダウンタウンを結成して1982年にデビューして以来、お笑い界の歴史を塗り替え続けてきた松本人志(59)。1985年に紳助・竜介として人気絶頂だった島田紳助氏(66)がダウンタウンの漫才を見たことから「こいつらには勝てない」とコンビ解散を決意するなど、若手時代から実力が認められていたダウンタウンだが、全国区でブレイクしたのは1988年のこと。「夢で逢えたら」(フジテレビ系)で東京進出を果たすと、またたく間に日本中から熱狂的な支持を獲得した。

 常人離れしたセンスと圧倒的な瞬発力により、お笑い界のカリスマとなった松本。1994年にはエッセイ集『遺書』を、翌年には『松本』を刊行し、合計400万部を売り上げる大ベストセラーを記録した。

 その言動で若者たちに憧れを抱かせ、多くの芸人志願者を生み出した松本だが、ここにきて後輩から「オワコン説」を突きつけられている。

 今年1月、YouTubeで「松ちゃんを死ぬほど好きだった元芸人村越が今の松ちゃんはすでに終わっていると思う理由について語ってみた」と題した3本構成の動画を公開したのは村越周司氏(50)。90年代半ばにケンドーコバヤシと結成した「モストデンジャラスコンビ」でカルト的な人気を誇った“ケンコバの元相方”として知られる人物だ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで