SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

公開日: 更新日:

SMAP×SMAP」や「笑っていいとも!」など人気番組を手がけ、13日に54歳で亡くなったフジテレビの編成制作局バラエティー制作センターバラエティー制作部、部長職ゼネラルプロデューサーの黒木彰一さんの通夜が17日、都内の斎場で行われた。

 祭壇には元SMAPの中居正広(51)、木村拓哉(51)、稲垣吾郎(50)、草彅剛(49)、香取慎吾(47)の供花が並べて飾られていたと言い、中居、稲垣、草彅、香取らが出席したと報じられ話題となっている。

 SMAPを巡っては、2016年末の解散から、ことあるごとに「復活」や「一夜限りの再結集」が取り沙汰されてきたが、ここへ来て、今までにないほど再始動の機運が高まってきているという。

 発売中の「女性セブン」は〈木村拓哉準備OKで中居正広の決断 SMAP再始動は『99%』〉の強気な見出しで、その可能性を報じている。

 記事によれば、今年4月に「SMILE-UP.社」(旧ジャニーズ)から、福田淳新社長率いる「STARTO ENTERTAINMENT」(以下、スタート社)に完全移行するにあたり、SMAPの再結成は、性加害問題の温床となった旧ジャニーズの体制を打破する象徴になるため、今までになく機運が高まっているという。同時に複数のテレビ局幹部がスタート社に「SMAP復活」を働きかけているという話。3月中にもスタート社とエージェント契約を結ぶとみられる木村拓哉の動向と同時に、フジテレビやテレビ朝日での復活の可能性について報じている。さる業界関係者はこう話す。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮