桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

テレビ界に“昭和顔”の時代到来?「ふてほど」の阿部サダヲも「ブギウギ」の趣里も

公開日: 更新日:

 若者に昭和レトロなるものがはやっているらしい。例えばカメラは「写ルンです」などの使い捨てや、フィルムが「エモい」と人気だとか。現像に出すまでどんなふうに写っているか見られないところがいいという。

 テレビも昭和ブームに乗っかり、バラエティーや歌番組でも昭和の懐古ものが急激に増えた。ドラマもしかり。昭和を描けばその時代を生きた世代には懐かしく、若者には時代劇感覚で楽しめるのかもしれない。

 今期連ドラで一番の話題作「不適切にもほどがある!」(TBS系)の人気の背景もそのあたりにあり。1986年と現代をタイムスリップし、ファッションや小道具に至るまで昭和の描き方が完璧だった。何よりも阿部サダヲ演じる主人公の娘・純子を演じた河合優実の存在が大きい。山口百恵中森明菜、昭和のアイドルを彷彿させる昭和顔に魅了された視聴者も多いはず。このドラマの成功は彼女の昭和顔なくしてはあり得なかったと思うほど、魅力的に昭和の女子高生を演じていた。

 さらに24日放送のテレビ朝日開局65周年記念ドラマプレミアム「万博の太陽」。橋本環奈主演で70年の大阪万博を題材にしたドラマということだが、今風の顔立ちの橋本環奈の違和感がぬぐえない。そのせいか、いとこ役の飯豊まりえやその母親役の江口のりこの昭和顔にホッとする。ルッキズムと騒ぎ立てる輩がいようと見た目は大事で、昭和を描くのならできれば昭和顔と願いたい。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ