NHK朝ドラ「虎に翼」が予期せず盛り上がり 女子法学生たちが通う街をブラリ散歩はいかが?

公開日: 更新日:

 前評判通り、NHK連続テレビ小説「虎に翼」が面白い。女性で初めて弁護士や裁判所長になった三淵嘉子の物語で、相手が誰であろうと物おじしないヒロイン猪爪寅子(伊藤沙莉)が痛快と、テレビでもネットでもたちまち人気となった。そして、このドラマの魅力のもうひとつが、寅子が通う明律大学女子部法科の個性豊かな学友たちである。

 女郎に売られそうになって実家を逃げ出し、男に敵愾心を燃やす男装の山田よね(土居志央梨)、夫や息子のいる年長の大庭梅子(平岩紙)、華族の令嬢で英語が堪能な桜川涼子(桜井ユキ)、朝鮮半島から留学してきた崔香淑(ハ・ヨンス)、上級生のちょっとおっかない久保田聡子(小林涼子)と泣き虫の中山千春(安藤輪子)らだ。

「彼女たちは女性のさまざまな苦難を、それぞれの役で演じているわけですが、朝ドラファンは自分の推しの女子学生を毎朝応援し、それがドラマの盛り上がりになっています。凛々しいよねとけなげな香淑が人気のようですね。ちょっとネタバラシをすると、同級生の多くは家庭の事情や経済的な理由で勉学を続けられなくなります。高等試験(司法試験)に合格するのは寅子と先輩の2人で、彼女らが日本で最初の女性弁護士というわけです。よねは合格できないのですが、パラリーガルになります」(NHK関係の構成作家)

 そんな女子法学生たちが通う明律大学は明治大学がモデルで、ドラマも東京の駿河台、お茶の水周辺で展開する。で、ゴールデンウイークには、その学生街をブラ散歩なんていかがか。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ