小室圭さん怒涛の営業で“バリキャリ”モード…日本で疎まれた同調圧力に屈しない性格が奏功

公開日: 更新日:

 このところ、猛烈な〝営業モード〟が報じられているのが、秋篠宮家長女・眞子さんの夫、小室圭さん。ニューヨークの法律事務所「ローウェンスタイン・サンドラー」に勤務する小室さんは、昨年2月に晴れて登録されたばかりの新米弁護士だが、現地の日本企業を中心に営業をかける様子のほか、人脈を広げるため積極的に会食していると伝えられている。

 小室さんと眞子さんは、昨年11月に契約満了したマンションがあるNYマンハッタンからクルマで1時間強のところに引っ越している。

「小室さんの目撃談がたびたび報じられているのが、グランドセントラル駅近く。現在の住まいであるコネチカット州の高級マンションからターミナル駅のグランドセントラルまで鉄道で1本で行くことができます。郊外に転居したのは、良好な住環境のほか、営業活動がしやすいという理由があったのかもしれません」(女性週刊誌記者)

 これまで敬遠してきたと言われる現地の日本人ビジネスマンにも接触をはかっているという小室さん。

「高額の報酬が提示される代わりに、成果を出さない弁護士は容赦なく解雇される厳しい世界です。パートナー弁護士になれば、弁護士業務をこなしているだけでは評価されず、顧問先をいくつ獲得できるかというのが非常に重要。小室さんはまだアソシエイトにもかかわらず、積極的な営業活動の様子が見られます。年収4000万円という報酬に見合う成果を早く出したいという意欲の表れでしょうが、結果を焦りすぎている印象も受けます」(NY弁護士資格を持つ日本人弁護士)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる