クドカン「新宿野戦病院」で23年ぶりタッグ…前作は“いわくつき”織田裕二「ロケット・ボーイ」

公開日: 更新日:

 26日に最終回を迎える、山下智久(39)主演「ブルーモーメント」(フジテレビ=水曜夜10時)。ネット上では《「コード・ブルー」と「TOKYO MER」を合わせたような感じ》とか《他の出演者のキャラ設定や演出も既視感だらけ》なんて冷ややかな声もあり、世帯視聴率は初回と第2話で8%台というまずまずの数字だったものの、第3話以降は6%前後に。

「この数字を物足りないと見る向きもありますが、全話平均で7%近くあれば合格と言っていいでしょう。前クールの福田麻貴さん主演『婚活1000本ノック』の全話平均が3%割れという“GP帯での危険水域”でしたから、2倍以上です。2022年にフジテレビが水曜夜10時に連ドラ枠を再開して以来、最高の数字は確保できそう」(テレビ誌ライター)

 ライバルの日本テレビが4月期から“水10ドラマ枠”を終了させたのも大きかったとはいえ、“山Pブランド”の面目はかろうじて保たれたといったところか。

「そして次の7月クールは、宮藤官九郎さん脚本『新宿野戦病院』。クドカン初の医療ものということで、ファンの注目を集めています。フジ水10枠は日テレの撤退を機に、“山P”から“クドカン”のリレーで攻勢に出ている気がしますね」(前出のテレビ誌ライター)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差