7月期クドカン作品「新宿野戦病院」はカンテレ社長に就任するフジテレビ名物Pの“置き土産”

公開日: 更新日:

 関西テレビ(カンテレ)の社長に内定したフジテレビ専務の大多亮氏(65)。6月19日の株主総会および取締役会で正式決定する。大多氏は「東京ラブストーリー」「101回目のプロポーズ」などトレンディードラマや月9の大ヒットドラマのプロデューサーを務め、フジテレビのドラマ黄金期を築いたことで知られるが、大多氏と“入れ違い”で始まるのが7月期のドラマ「新宿野戦病院」(水曜夜10時放送)である。小池栄子(43)と仲野太賀(31)のダブル主演で、新宿・歌舞伎町の「聖まごころ病院」が舞台。そこへ小池演じる米国籍の元軍医である謎の女性ヨウコ・ニシ・フリーマンが現れ、歌舞伎町の闇を照らす存在となっていく……という物語だ。仲野が演じる高峰享はヨウコとの出会いで感化される美容皮膚科医である。

 注目すべきは、今年1月期のTBS系ドラマ「不適切にもほどがある!」をヒットさせたヒットメーカー・宮藤官九郎が2001年放送の「ロケット・ボーイ」以来23年ぶりに同局のドラマを手がけるオリジナル作品という点だ。

「演出は『ロケット──』と同じく河毛俊作氏で、演技派の小池と仲野をクドカンがどう“料理”するかが楽しみな作品です。関係者によると、この作品はフジテレビのドラマ部門の立て直しを目指していた大多氏の肝いりで、時間をかけて準備されたそうです。仲野の役名のトオルは大多氏の名前のトオルにちなんで付けられたなんて話もあるくらいです」(フジテレビ関係者)

 名物Pの“置き土産”はヒットするのか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

  1. 6
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  2. 7
    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

  3. 8
    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

  4. 9
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  5. 10
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる