大谷直子 憧れの俳優と再婚して衝撃の“妊婦ヌード”披露

公開日:  更新日:

―1979年1月―

 大谷直子(当時28)と清水紘治(同34)が婚約会見に臨んだのは1月21日。片やNHK朝の連続テレビ小説「信子とおばあちゃん」でヒロインを演じた売れっ子女優、片やほとんど名前の知られていない個性派俳優である。「失礼ながら顔と名前が一致しなかった」と振り返るのは、会見を取材した芸能記者だ。

「調べてみると、そうそうたる経歴で驚いた記憶がある。俳優座養成所、文学座を経て劇団自由劇場や黒色テントの旗揚げに参加。演劇界のホープだったんです。ただ、おカネはあまりなさそうでしたが……」

 清水が大谷に贈った婚約指輪は知り合いの時計屋が廃業する際、部品を使って作ってくれたもの。かかった費用は締めて3000円である。

 2人とも再婚だった。大谷は71年、俳優の松山省二(現・松山政路)と結婚し、女の子をもうけたが、74年暮れ、子どもを連れて離婚。俳優の近藤洋介との不倫が原因だった。清水は自由劇場時代に子どもを持つ人妻と結婚。相手は熱烈な清水のファンだった。女の子が生まれたが、76年に離婚し、子どもは夫人が引き取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る