大谷直子 憧れの俳優と再婚して衝撃の“妊婦ヌード”披露

公開日: 更新日:

―1979年1月―

 大谷直子(当時28)と清水紘治(同34)が婚約会見に臨んだのは1月21日。片やNHK朝の連続テレビ小説「信子とおばあちゃん」でヒロインを演じた売れっ子女優、片やほとんど名前の知られていない個性派俳優である。「失礼ながら顔と名前が一致しなかった」と振り返るのは、会見を取材した芸能記者だ。

「調べてみると、そうそうたる経歴で驚いた記憶がある。俳優座養成所、文学座を経て劇団自由劇場や黒色テントの旗揚げに参加。演劇界のホープだったんです。ただ、おカネはあまりなさそうでしたが……」

 清水が大谷に贈った婚約指輪は知り合いの時計屋が廃業する際、部品を使って作ってくれたもの。かかった費用は締めて3000円である。

 2人とも再婚だった。大谷は71年、俳優の松山省二(現・松山政路)と結婚し、女の子をもうけたが、74年暮れ、子どもを連れて離婚。俳優の近藤洋介との不倫が原因だった。清水は自由劇場時代に子どもを持つ人妻と結婚。相手は熱烈な清水のファンだった。女の子が生まれたが、76年に離婚し、子どもは夫人が引き取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る