大橋巨泉 番組中に衝撃の「パイプカット宣言」

公開日: 更新日:

<1972年1月>

「ボクは子孫をつくらないことにしました」
 1月24日の「11PM」(日本テレビ)の冒頭で司会の大橋巨泉(当時37)はこう切り出した。その日のテーマは「現代の恐怖、人類は滅亡する!?」。公害をこのまま放っておけば30年後、日本人の3人に2人は死んでしまう。もし公害がなくなっても地球上の人口は70億に達して、未曽有の食糧難に陥るというのだ。

 巨泉の売りといえば遊び。競馬、マージャン、ゴルフ、ボウリング、釣りなどを番組で取り上げ人気を博していたが、時折こうしたお堅いテーマにも取り組んでいた。それにしても、子孫をつくらないとは穏やかでない。しかし、巨泉は大マジメだった。「ボクはパイプカットをする」と宣言。間もなく、本当に手術を受けてしまった。

 最初の妻でジャズシンガーのマーサ三宅との間には2人の娘がいるが、2年間の別居の末、64年9月に離婚。娘は三宅が引き取った。「二度と結婚するつもりはない」と語っていた巨泉だが、5年後の69年8月に14歳下の浅野順子と再婚。ミス10代コンテスト世界大会で1位に輝いた美人で、春から巨泉が率いるバンドでボーカルを務めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る