大橋巨泉 番組中に衝撃の「パイプカット宣言」

公開日:  更新日:

<1972年1月>

「ボクは子孫をつくらないことにしました」
 1月24日の「11PM」(日本テレビ)の冒頭で司会の大橋巨泉(当時37)はこう切り出した。その日のテーマは「現代の恐怖、人類は滅亡する!?」。公害をこのまま放っておけば30年後、日本人の3人に2人は死んでしまう。もし公害がなくなっても地球上の人口は70億に達して、未曽有の食糧難に陥るというのだ。

 巨泉の売りといえば遊び。競馬、マージャン、ゴルフ、ボウリング、釣りなどを番組で取り上げ人気を博していたが、時折こうしたお堅いテーマにも取り組んでいた。それにしても、子孫をつくらないとは穏やかでない。しかし、巨泉は大マジメだった。「ボクはパイプカットをする」と宣言。間もなく、本当に手術を受けてしまった。

 最初の妻でジャズシンガーのマーサ三宅との間には2人の娘がいるが、2年間の別居の末、64年9月に離婚。娘は三宅が引き取った。「二度と結婚するつもりはない」と語っていた巨泉だが、5年後の69年8月に14歳下の浅野順子と再婚。ミス10代コンテスト世界大会で1位に輝いた美人で、春から巨泉が率いるバンドでボーカルを務めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る