• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金銭問題を書き立てられた研ナオコの離婚

<1985年5月>

 バラエティーやCMで活躍し、紅白に11回出場した歌手の研ナオコ。私生活では81年、27歳の時にコンサート企画会社社長と結婚したが、4年後の85年5月に破局。別れた夫が金銭問題などを書き立てられ、マスコミに「ぼくは断じてヒモではなかった」と反論する騒ぎとなった。

 結婚相手はバックバンドの元マネジャー。研がトラブルで半年間芸能活動を休止した際、精神的に支えたことがきっかけで急接近。79年初めには同棲生活を始めた。同年3月、男性はショーやコンサートの企画・制作を行う会社を立ち上げ、その後、2年間の事実婚を経て、81年3月16日に仏前結婚式を挙げ、入籍した。挙式後は「とにかく一生懸命、頑張ってついていこうと思います」とコメント。男性も「スタートラインについたところ。将来はナオコを必ず幸せにしたいと思いました」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る