うつ病で自殺した43歳のプリンス桂三木助

公開日:  更新日:

<2001年1月>

 男前で、実力を兼ね備え、プリンスとして期待された4代目桂三木助が01年1月3日に首吊り自殺を遂げた。この時、43歳の若さ。死の直前、寄席を断りなく欠席したり、“奇行”が度々伝えられていた。

 1月3日、三木助のマネジャーを務める姉が事務所に出社すると、留守番電話には前日、前々日と浅草演芸ホールの高座に遅刻をしたという連絡が入っていた。

 今日も高座がある日だと心配になった姉は、自宅の母に「盛夫(桂三木助の本名=小林盛夫)を起こして」と連絡した。

 母親が三木助の部屋に行くと、ベランダの物干し用フックに手拭いがくくりつけられて、それで首を吊っていた。彼の周りにはネクタイや細紐があった。それで首を吊ろうとしたがうまくいかず、最後に手拭いで首を吊ったとみられている。発見された時、ぐったりしながらも満面に笑みを浮かべたような表情だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る