うつ病で自殺した43歳のプリンス桂三木助

公開日:  更新日:

<2001年1月>

 男前で、実力を兼ね備え、プリンスとして期待された4代目桂三木助が01年1月3日に首吊り自殺を遂げた。この時、43歳の若さ。死の直前、寄席を断りなく欠席したり、“奇行”が度々伝えられていた。

 1月3日、三木助のマネジャーを務める姉が事務所に出社すると、留守番電話には前日、前々日と浅草演芸ホールの高座に遅刻をしたという連絡が入っていた。

 今日も高座がある日だと心配になった姉は、自宅の母に「盛夫(桂三木助の本名=小林盛夫)を起こして」と連絡した。

 母親が三木助の部屋に行くと、ベランダの物干し用フックに手拭いがくくりつけられて、それで首を吊っていた。彼の周りにはネクタイや細紐があった。それで首を吊ろうとしたがうまくいかず、最後に手拭いで首を吊ったとみられている。発見された時、ぐったりしながらも満面に笑みを浮かべたような表情だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る