• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

うつ病で自殺した43歳のプリンス桂三木助

<2001年1月>

 男前で、実力を兼ね備え、プリンスとして期待された4代目桂三木助が01年1月3日に首吊り自殺を遂げた。この時、43歳の若さ。死の直前、寄席を断りなく欠席したり、“奇行”が度々伝えられていた。

 1月3日、三木助のマネジャーを務める姉が事務所に出社すると、留守番電話には前日、前々日と浅草演芸ホールの高座に遅刻をしたという連絡が入っていた。

 今日も高座がある日だと心配になった姉は、自宅の母に「盛夫(桂三木助の本名=小林盛夫)を起こして」と連絡した。

 母親が三木助の部屋に行くと、ベランダの物干し用フックに手拭いがくくりつけられて、それで首を吊っていた。彼の周りにはネクタイや細紐があった。それで首を吊ろうとしたがうまくいかず、最後に手拭いで首を吊ったとみられている。発見された時、ぐったりしながらも満面に笑みを浮かべたような表情だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る