テレビ局を批判してキャスターを降ろされた中村敦夫

公開日: 更新日:

■1988年3月

 3月9日、取材のため浜松にいた中村敦夫(当時48)を毎日放送の制作局長が訪ねてきた。同局で制作する「中村敦夫の地球発23時」のキャスターを4月から降りてくれと言いにきたのだ。関西で20%、関東で12%の高視聴率を叩き出す硬派ドキュメンタリー番組。その人気キャスターへのいきなりの降板通告は、あまりにも不可解だった。

 ことの発端は3月4日に開かれた番組改編の発表記者会見。そこで中村はキー局のTBSを激しく非難した。噛みついたのは放送時間帯の変更についてだった。これまでの夜11時台を4月から夜7時台に移行することが決まっていた。

「TBSは何を考えているのか。『プライムタイム』が始まるからと22時を23時に変え、今度は2時間ドラマをやるからと19時へ。それで『プライム』の数字はどうなっているんですか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  8. 8

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  9. 9

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る