日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テレビ局を批判してキャスターを降ろされた中村敦夫

■1988年3月

 3月9日、取材のため浜松にいた中村敦夫(当時48)を毎日放送の制作局長が訪ねてきた。同局で制作する「中村敦夫の地球発23時」のキャスターを4月から降りてくれと言いにきたのだ。関西で20%、関東で12%の高視聴率を叩き出す硬派ドキュメンタリー番組。その人気キャスターへのいきなりの降板通告は、あまりにも不可解だった。

 ことの発端は3月4日に開かれた番組改編の発表記者会見。そこで中村はキー局のTBSを激しく非難した。噛みついたのは放送時間帯の変更についてだった。これまでの夜11時台を4月から夜7時台に移行することが決まっていた。

「TBSは何を考えているのか。『プライムタイム』が始まるからと22時を23時に変え、今度は2時間ドラマをやるからと19時へ。それで『プライム』の数字はどうなっているんですか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事