浅草ロック座破産で風前の灯? 新宿「ストリップ鑑賞」ルポ

公開日: 更新日:

 この価格はどうかと飲みながら思案していると、「キャーッ」と、客席の後方から女の絶叫がとどろく。驚き振り向くと4人目の舞姫「栗鳥巣」で、歌手ASKAのファンという設定らしく、覚醒剤逮捕のニュースと絡めた奇抜な演出で脱ぎ始めた。

 無修正がネットでタダという時代だが、やはり生のステージは違う。お約束の“ご開帳”もあり、仕事疲れか壁際で舟をこいでいた中年男も目を覚ました。

 シルバー客は、AV女優の峰岸ふじこが間近で見られてニンマリ。ほろ酔いで長時間ウトウトしていてもいい、「男の隠れ家」といった趣である。この近くの「DX歌舞伎町」は一般8000円だが、もっと刺激的なステージをやっているらしい。

「斎藤観光の破産は女性経営者の多角経営などが原因で、ストリップの火が消えたわけじゃない。観光ツアーに組み込まれたりしてるし、需要はあるんですよ」(風俗編集者)

 浅草ロック座は公式ツイッターで、この騒ぎで「集客倍増!?」と、強気だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る