浅草ロック座破産で風前の灯? 新宿「ストリップ鑑賞」ルポ

公開日: 更新日:

「なんか皆、静かだね」と、舞姫が客席に向かって声をかけた。浅草ロック座を運営していた斎藤観光の経営破産が報じられ、「その火は消えたのか」の声もあるストリップ劇場でのことだ。

 実情を探るべく、歌舞伎町に3軒ある劇場のひとつ「TSミュージック」をのぞくと、平日夜とあってか、客入りは約60席の半分くらいか。

 耳をつんざく音楽がやみ、カラフルなライトが殺風景な蛍光灯にかわり、1枚500円の写真サービスを終えた幕あいだった。舞姫は続けて「ストリップは楽しいんだよ。盛り上がって」と手を振った。

 舞姫に応じたのは、シルバー割引の3000円で来場したとみられる最前列の高齢者と、タンバリンを鳴らしていたファン。携帯のカメラ撮影を注意されていた韓国人オヤジ5人組が席を立つと、ネオン街のど真ん中とは思えない場末のような雰囲気が……。ワンカップをヤり始めたサラリーマンにならい、「外出」を従業員に申し出て、買ってきた発泡酒のタブをプシュッ。AV女優ら7人の裸体を目の前で楽しめるが、それで5200円(通常料金)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る