ロマンポルノで活躍 還暦の三崎奈美が買った“大きな買い物”

公開日:  更新日:

 にっかつロマンポルノの女優陣の中でもハードな演技で定評があった。三崎奈美さん(59)だ。美乳を激しく揺さぶるセックスシーンは見る人の股間を直撃。みんな大モッコリを持て余した。三崎さん、今どうしているのか。

「実は去年6月、大冒険しちゃった。横浜線沿線の駅前にある3LDKをン千万円の20年ローンで買ったの。ワタシが今年還暦で、主人は2歳年下。悩みに悩んだ末の決断だったけど、年齢を考えれば大冒険でしょ。当然、ローン審査も超厳しくて、ハラハラドキドキの連続。書類に最後のはんこを押す時、主人の指先がかすかに震えてたわ」

 横浜駅に近いホテルの喫茶室で会った三崎さん、こう言って苦笑した。ウン、それは確かに大いなる決断だ。

「主人は7年前までリフォーム会社のサラリーマンでね。売り上げノルマがきつくていつもつらそうだったから、思い切って脱サラを勧めたの。すると整体師になるといって専門学校に1年通い、さらにプロの整体師のもとで技術を磨き、自宅で開業したわけ。キッチンの片隅にベッドを置いて施術してた。ところが、あまりに手狭なのね。それで賃貸の一軒家を探してたところ、今のマンションに出合って……。ホント、世の中、どう転ぶか、わかんない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る