元AV女優の菊池えりさん 名古屋人妻ヘルスの売れっ子に

公開日:  更新日:

 80年代半ばから90年代にかけてのアダルトビデオ全盛期、SM系巨乳作品で一世を風靡した超人気ギャルがいた。菊池えり嬢だ。94センチのたわわなオッパイがブルンブルンと揺れるシーンにみんな息をするのも忘れた。えり嬢、今どうしているのか――。

「来年の春、新作AVを発売するんです。ちょっと前にメーカーのシネマジックさんに打ち合わせに行ってきたばかり。来月半ばに撮影の予定です。撮り下ろしの完全オリジナルは03年にリリースした『愛染恭子VS菊池えり ダブルGスポット』以来でしょ。ホント、楽しみで」

 上品なレースをあしらったキャミソールに透け透けパンティー。匂い立つようなお色気ムンムンのえり嬢、こう言ってほほ笑んだ。

「お相手の男優さんとか撮影の詳細はこれから詰めるんだけど、熟女のねちっこいテクニックをご披露したいし、ワタシ自身、がんがんイカせて欲しいですね、フフフ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る