元AV女優の菊池えりさん 名古屋人妻ヘルスの売れっ子に

公開日: 更新日:

 80年代半ばから90年代にかけてのアダルトビデオ全盛期、SM系巨乳作品で一世を風靡した超人気ギャルがいた。菊池えり嬢だ。94センチのたわわなオッパイがブルンブルンと揺れるシーンにみんな息をするのも忘れた。えり嬢、今どうしているのか――。

「来年の春、新作AVを発売するんです。ちょっと前にメーカーのシネマジックさんに打ち合わせに行ってきたばかり。来月半ばに撮影の予定です。撮り下ろしの完全オリジナルは03年にリリースした『愛染恭子VS菊池えり ダブルGスポット』以来でしょ。ホント、楽しみで」

 上品なレースをあしらったキャミソールに透け透けパンティー。匂い立つようなお色気ムンムンのえり嬢、こう言ってほほ笑んだ。

「お相手の男優さんとか撮影の詳細はこれから詰めるんだけど、熟女のねちっこいテクニックをご披露したいし、ワタシ自身、がんがんイカせて欲しいですね、フフフ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る