「清原はもうヤバい…」売人からも見放され行き着いた先

公開日: 更新日:

 警視庁は23日、清原和博容疑者(48)を覚醒剤取締法違反(使用)容疑で再逮捕した。さかのぼること1年前の15年2月、清原容疑者の元タニマチで会社社長のA(45)が覚醒剤所持で逮捕された。週刊文春が清原容疑者の薬物疑惑を報じたのは、その約1年前の14年3月。Aが、密売人の小林和之容疑者(45=群馬県みどり市)を清原容疑者に紹介したのが、さらにその1年ほど前だ。そこで、清原容疑者と“上州ルート”が結びついた。

「5年ほど前に飲食店を畳んだ小林は、ある指定暴力団の下部組織に出入りしていたようで、そこから清原にブツを流したと当局はみている。小林自身は一売人に過ぎません」(捜査事情通)

 となると、疑問が生じる。腐っても「清原」だ。球界や芸能界など幅広い人脈を持っていたはずなのに、なぜ、そんな小物からシャブを譲ってもらっていたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る