• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「清原はもうヤバい…」売人からも見放され行き着いた先

 警視庁は23日、清原和博容疑者(48)を覚醒剤取締法違反(使用)容疑で再逮捕した。さかのぼること1年前の15年2月、清原容疑者の元タニマチで会社社長のA(45)が覚醒剤所持で逮捕された。週刊文春が清原容疑者の薬物疑惑を報じたのは、その約1年前の14年3月。Aが、密売人の小林和之容疑者(45=群馬県みどり市)を清原容疑者に紹介したのが、さらにその1年ほど前だ。そこで、清原容疑者と“上州ルート”が結びついた。

「5年ほど前に飲食店を畳んだ小林は、ある指定暴力団の下部組織に出入りしていたようで、そこから清原にブツを流したと当局はみている。小林自身は一売人に過ぎません」(捜査事情通)

 となると、疑問が生じる。腐っても「清原」だ。球界や芸能界など幅広い人脈を持っていたはずなのに、なぜ、そんな小物からシャブを譲ってもらっていたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る