• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「清原はもうヤバい…」売人からも見放され行き着いた先

 警視庁は23日、清原和博容疑者(48)を覚醒剤取締法違反(使用)容疑で再逮捕した。さかのぼること1年前の15年2月、清原容疑者の元タニマチで会社社長のA(45)が覚醒剤所持で逮捕された。週刊文春が清原容疑者の薬物疑惑を報じたのは、その約1年前の14年3月。Aが、密売人の小林和之容疑者(45=群馬県みどり市)を清原容疑者に紹介したのが、さらにその1年ほど前だ。そこで、清原容疑者と“上州ルート”が結びついた。

「5年ほど前に飲食店を畳んだ小林は、ある指定暴力団の下部組織に出入りしていたようで、そこから清原にブツを流したと当局はみている。小林自身は一売人に過ぎません」(捜査事情通)

 となると、疑問が生じる。腐っても「清原」だ。球界や芸能界など幅広い人脈を持っていたはずなのに、なぜ、そんな小物からシャブを譲ってもらっていたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る