清原事件のキーパーソン「シャブばばあ」本物は別の人物か

公開日:  更新日:

「『シャブばばあ』は存在する。ただ、マスコミが追っかけ回してるのはA子だろ。俺が知ってるシャブばばあとは名前が違うけどな」と、北関東の暴力団関係者は不敵な笑みを浮かべた。

 清原和博容疑者の覚醒剤ルートとして、一部スポーツ紙に報じられた女密売人、通称「群馬のシャブばばあ」。

 本紙記者は群馬県太田市に住む60代後半のA子を直撃したが、「密売で稼いだカネで御殿を建てた」というシャブばばあのイメージとは懸け離れていた。

 清原容疑者に覚醒剤を売って捕まった小林和之容疑者(45=群馬県みどり市)とシャブばばあは親子とも一部で報じられたが、それも「ガセ情報」(県警関係者)だという。一体どういうことなのか。前出の暴力団関係者はこう言った。

「ヒントだけやる。B子だよ」

 2004年に覚醒剤所持で県警に逮捕されたA子は、本紙の直撃に「覚醒剤はもう10年前に足を洗ってるのよ」などと淡々と、表情ひとつ変えずに答えていたが、記者が「B子さんって知って……」とB子の名前を出すやいなや、質問を遮るように、「名前は聞いたことがあるけど、会ったこともないし」と口ごもった。動揺した様子だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る